JAグループ山口自己改革の取り組みについて(ご紹介)

 JAグループ山口は組合員・地域住民の皆様からより信頼され、必要とされる組織を目指すべく、平成28年度より各地域の創意工夫のもと様々な自己改革に取り組んできました。
 また、平成30年11月21日には第40回JA山口県大会を開催し、「守りたいもの 伝えたいこと ~組合員とともに 次代へ~」のスローガンのもと、組合員との徹底した話し合いに基づく、自己改革工程表の策定・実践を行っていくことを決議しました。

  平成31年4月1日には、多くの組合員のご理解のもと、自己改革の成果の一つであるJA山口県が誕生しました。
 私達は、「合併は自己改革を更に推し進めるための手段」であると考えており、総合事業を通じて、合併のメリット、自己改革の成果をより一層皆様に実感して頂けるよう取り組んで参ります。
 今後とも皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

 JAグループ山口の取り組み宣言はこちら

 旧12JAの創意工夫による自己改革の取り組みはこちら

このページの先頭へ