JA山口県

2019年度 新卒採用サイト

 JAは地域に
 一番貢献できる仕事。

平成28年4月入組
白神 かれん さん
支所窓口

SENPAI VOICE

~ 先輩職員インタビュー ~

入組のきっかけを教えてください。

地元で就職したいと思い、学校の先生からすすめられたことがきっかけです。両親がJAを利用していたので、親近感があった ことも大きいですね。実はJAへの就職を考えるまでは、JAって農家さんだけが利用するところなのかなって思っていました。 …と言いつつ、両親は農業をしているわけじゃないんですよね ( 笑 )。こども共済で私のための教育資金を積み立ててくれてい たんだと思います。就職に当たって、JA には、共済や貯金とか、いろいろな業務内容があることを知り、地域に貢献できる仕 事なんだと思いました。

入組した最初のころは
どんな仕事をしていたのですか?

最初は窓口で貯金を担当しました。何をしていいか全く分からず、 不安で、先輩から教えてもらうばかりでした。忙しそうな先輩に 質問してもいいのかな…と、初めのころは迷ったんですが、先輩 は「大丈夫。遠慮せずに聞いて」と、いつも丁寧に分かりやすく 教えてくださって。仕事にまだ慣れていなかったころ、お客様か ら「早く!」と言われたりして、落ち込むこともありました。そ んなときにも先輩が横から助けてくださって。一から最後まで、 一人でできるようになったときは、うれしかったですね。運動会 などJAのイベントで同期のみんなが会う機会があり、同じような 思いをしているんだ、と共感し、励まされました。

最初のころは、どんな仕事をしているのですか?

今、どんな仕事をしているのですか?

共済(ひと・いえ・くるまの総合保障)の窓口で、自動車を担当しています。仕事を覚えて、できることが増えていくのは喜びです。 お客様から「ありがとう」って言われることも、うれしいですね。私は今、窓口の仕事をしていますが、月1回、JA貯金のキャ ンペーンでお客様のところへうかがうことがあるんです。そうしたときに、お客様といろんな世間話もするんですが、気さく に話していただけるのは、お客様が身近に思っていてくださるJAだからこそだと思います。

就職を考えている皆さんへメッセージを!

今後への目標、教えてください。

私が先輩からいろいろと教わってきたように、後輩から頼ってもらえる先輩 になりたいです。そしていろいろな仕事が均等にできるようになりたいと思 います。

就職を考えている皆さんへメッセージを!

仕事を通じて、JA はやはり地域の皆さんにとても親しまれている存在だと 感じます。地域の皆さんの一番近くにいるのが JA。私が就職前に思ってい た通り、地域に一番貢献できる仕事だと思います。

マイナビエントリーはコチラ

PAGE
TOP

TOP