新着情報

2009年06月04日
地元中学生が特産品「緑茶」の茶摘み体験学習/JA山口東


茶摘み体験をする生徒ら

 岩国市立美和中学校の2年生44人が5月28日、地元美和町の特産でもある緑茶の茶摘み体験学習を行いました。緑茶生産組合の谷利展組合長をはじめJA山口東担当職員らが指導を担当。茶摘みは腰を曲げて行うため、生徒は長時間の作業の大変さを実感していました。
 
 美和町の茶摘みは5月上旬から6月上旬に行い、地元や宇部市で販売されます。
 
 美和中学校では今年度に入って田植え体験学習も行いました。農作業の体験学習を積極的に授業に取り入れ、地域の産業について地域住民から学び、豊かな心の育成を図っています。6月中旬には給食の時間で新茶を味わう予定です。

このページの先頭へ