新着情報

2009年10月23日
中浦地区で手造り竹炭窯完成


竹炭造り用の窯を造り、 火入れ式を行った会員

 【防府とくぢ】防府市中浦の親睦団体(やすらぎの会)は、みんなで楽しむ事を目的に地区内の中尾山斜面に会員が協力し2ヶ月かけて竹炭造り用の窯を造り、10月1日に火入れ式を行った。

 

 やすらぎの会は、竹林を整備し地域を活性しようと3年前に発足し、現在は会員20人余りで活動中。会社に勤務する人もあり、活動への参加強制はなく、自主的に活動している。

 

 今年、5月に地域の人から使用しなくなったこいのぼりを集めて斜面に揚げ、子ども会へタケノコ掘りをさせるなど、世代を超えた地域の親睦の場となっている。会員は「今後もこの斜面を中心に地域の親睦と中浦自治会の活性化するための活動を続け、山口国体が開かれるころには中浦の観光名所のひとつにしたい」と、今後の活動の夢を語る。

このページの先頭へ