新着情報

2009年11月05日
緑のカーテンおいしく/食農教育講座でゴーヤピザ


完成したゴーヤピザ

 【山口・周南】役目を終えたゴーヤの「緑のカーテン」が10月21日、おいしいピザになった。このゴーヤは下松市のJA周南本所西側に地球温暖化防止対策で植えられたもので、撤去の際、同所で女性部員を対象にJA周南食農教育講座の調理実習が開かれており、収穫されたゴーヤを急遽使用してもの。
 
 JA周南の組合員課の松村敦子課長がピザのメニューを提案、女性部員らは、ピザにあうゴーヤの調理方法を相談、米粉の生地にスライスし、茹でて炒めたゴーヤのほか、ツナやタマネギをのせてピザを焼いた。
 
 焼きあがったゴーヤピザは職員にもふるまわれ、不思議な組み合せに驚いた職員にも「美味しい」と好評だった。松村課長は「エコに役立った緑のカーテンをおいしく食べることができ、部員の技術向上に繋がった」と話した。

このページの先頭へ