新着情報

2010年05月10日
2010年度「第20回 JA悠々倶楽部ゲートボール山口県大会」


フィールドで熱心に競技する選手

 JAバンク山口、山口県ゲートボール協会は16日、山口市内の山口きらら博記念公園で、第20回JA悠々倶楽部ゲートボール山口県大会を開いた。各JAが開いた地区予選を勝ち抜いてきた11JA53チーム、選手・関係者総勢約500人が参加した。熱戦を繰り広げた結果、JA 山口美祢「美東」 が優勝。JA下関「王司支所」が準優勝し、JA周南「光寿会」が3位入賞した。

 同大会は県内のJA悠々倶楽部会員約8万7千人など年金受給者を対象に毎年開かれており、60歳から参加できる。

 JA山口信連JAバンク統括部は、「本大会はゲートボールを通じて交流してもらい、健康の増進を図ることを目的としている。元気にプレーし、親睦を深めて欲しい。」と話した。

このページの先頭へ