新着情報

2010年07月09日
生徒向け自転車交通安全教室の開催


スタントマンの迫力ある実演

 【山口】JA岩国市は2日、同JA本所で住宅ローンでマイホームの夢を手助けするローンセンターの開所式を開いた。JAでは地元の資金は地元に還元し、収益力向上に結び付けたい考えだ。JA、JA山口信連、信用基金協会、山口県宅建協会の代表者らが出席。ローンセンター入口で各代表者によるテープカットがあり開設を祝った。ローンセンターの開設はJA周南、JA山口中央、JA山口宇部に続き4番目。
 
 ローンセンターでは利用者のライフプランに応じ、JA取り扱いローン各種を紹介するほか、開設記念として7月30日までの期間中、引き下げ金利で融資される。
 
 信連の小野浩JAバンク統括部長は「ローンセンターを拠点に収益を地元に還元するとともに、JAの経営基盤を確立してほしい」と述べた。
 
 地域を代表し同協会岩国支部の斎藤正則副支部長は「不動産業界も家族のマイホーム実現に向け協力したい。親切、丁寧、低金利で顧客一番のJAの名声を挙げてほしい」と、激励した。
 
 福田博一組合長は「金融恐慌の中、貸付の拡大はJA経営を支える大きな収益力となる。地域、信連、宅建協会の協力を得てローン事業を発展させたい」と、意欲を示した。

このページの先頭へ