JA山口中央会

■中央会が行う主な事業



■目的と性格

  JA中央会は、JAの健全な発展を図ることを目的に、農業協同組合法にもとづいて設立されたJAの指導機関です。JA中央会は、都道府県内の単位JAとJA連合会等を会員とする都道府県中央会と、単位JAと都道府県中央会・連合会、全国連合会を会員とする全国中央会があり、それら会員の経営の指導、組織および事業の指導、監査、教育などの事業活動を行うほか、行政庁への建議を行う機能を有しています。
  JA中央会は、JAの総括的なリーダーの性格を持つとともに、きわめて公共性の強い非営利法人です。

■JA山口中央会の概要

  JA山口中央会(山口県農業協同組合中央会)は、昭和29年に、山口県JAグループの総合指導機関として設立されました。
  その役割は「農業協同組合及び農業協同組合連合会の健全な発達を図る」と定款に定めています。
  この目的を達成するために、JA山口中央会は、JA全中(全国農業協同組合中央会)とともに、山口県のJAや連合会の指導や総合調整、農業振興対策、広報、情報提供、監査、農業政策への意思反映の取り組み、農畜産物消費拡大等に関する事業を行うとともに、組合員・役職員の人材育成を図るための教育事業も行っています。
  こうした活動を通じて、山口県の農業を発展させ、安全・安心で豊かな食べものを提供するとともに、地域社会に貢献するJAグループ山口の取り組みを支援しています。


 JA山口中央会は、現在21の会員(単位JA12、専門JA3、連合会4、准会員2)の賦課金によって、事業を運営しています。運営の最高意思決定機関は、会員で構成する総会で、総会決議にもとづいて理事会が業務を執行しています。
  業務を遂行するための機構として、4部4室1所を設けています。

■代表者

JA山口中央会 会長

JA山口中央会 会長
山本  伸雄

■JA山口中央会の組織

   平成28年4月1日現在

 

〒754-8585
 山口県山口市小郡下郷2139番地
TEL:083-973-2223(総務経営部代表)
FAX:083-974-1004

このページの先頭へ